スポンサード リンク
腰痛の対策

腰痛は、生活習慣、年齢、仕事などによって、様々な症状が出るものです。そして、対処方法も、その症状によって変わります。痛みが激しいときは、安静にしておくのがベストですが、動かせる時は、適度に動かして、少しでも腰痛を緩和させていくようにしましょう。

以下に、腰痛の基本的な対処法と、予防法をご紹介します。参考にしてください。


1.入浴

お風呂に入ることで、湯船の浮力により、腰への負担が軽減します。また、温めることで、血流が良くなる効果があり、痛みも緩和されます。お湯の温度は、38~40℃位の、ぬるめにすると、筋肉の緊張もほぐれ、リラックス効果も得られ、腰痛を緩和させるのに効果的です。


2.腰の負担の軽減

長時間同じ姿勢でいることで、筋肉も固まってしまい、腰への負担が大きくなります。ですから、長時間同じ姿勢でいないよう、心がけてください。どうしても同じ姿勢でいなくてはならない場合には、たまにストレッチや伸びをするなどして、体を動かすように心がけてください。
また、靴も重要です。ヒールが高すぎると、脚、腰に、大きな負担がかかりますので、ヒールの高い靴は避けた方がよいでしょう。


3.正しい姿勢を取る

姿勢が悪いと、背中の筋肉などに、余計な負担がかかるため、腰痛が悪化します。かかとを付け、つま先を少し開き、あごを軽く引き、まっすぐ立つという正しい姿勢を、いつでも保てるように心がけましょう。


4.腰の筋肉のサポート

腰痛が酷いとき、また、安静にしていられないときなどは、腰に負担をかけないよう、腰専用のサポートや、コルセットを使用するという方法もあります。しかし、これらは、サポートの役割をするだけなので、根本的な解決にはなりません。「どうしても」と言うときのみ、使うようにしてください。ずっとつけっぱなしにしてしまうと、その道具に頼りすぎてしまう可能性があるので、ご注意ください。

次の記事 >> 腰痛の改善法
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース