スポンサード リンク
腰痛に効くつぼ

体の中には、約360種類の「つぼ」が存在するとされています。これらのつぼを、的確に刺激することによって、様々な効果が得られることが明らかになっています。ここでは、腰痛に効くつぼをご紹介したいと思います。

毎日、ベッドに入る前に実践してみると、効果があると思います。


【体の背面にある、腰痛に効果があるつぼ】

1.大腸兪(だいちょうゆ)というつぼで、蝶骨のウエストラインの背骨から、左右外側に指2本分のところにあります。腰痛、坐骨神経痛、大腸小腸疾患に効果があります。親指の腹を垂直にゆっくり押し、ゆっくり力を抜くのを、数回繰り返します。

2.腎兪(じんゆ)というつぼは、「1.」の大腸兪から、指3本分上のところにあり、腎疾患、腰痛、膀胱、生殖器疾患に効果があります。押し方は「1.」の大腸兪と同じです。

3.志室(ししつ)は、「2.」の腎兪から、指2本分外側にあり、腰痛、坐骨神経痛、胃腸炎、全身の疲労感に効果があります。親指の腹を体の内側(背骨側)に向かって押します。

4.殷門(いんもん)は、お尻の下の骨の部分と膝裏の調度中央部分にあり、坐骨神経痛、下肢麻痺に効果があります。親指の腹で、ゆっくり軽く押します。何度か繰り返し押してください。

5.帯脈(たいみゃく) は、脇腹ウエストのラインにあり、腰痛、月経痛、月経不順、下腹部痛などに効果があります。親指の腹で、力をあまり入れずに押してください。


【手の甲にある腰痛に効果があるつぼ】

1.腰腿点(ようたいてん)は、手の甲の人さし指と中指、小指と薬指の間を、上になぞっていって、骨が交差するところにあり、腰痛に効果があります。骨の部分に、指先を食い込ませる感じで、ゆっくり押してください。


【足にある腰痛に効果があるつぼ】

1.委中(いちゅう)は、膝の裏の中央にあり、腰痛、坐骨神経痛、膝痛に効果があり、親指で押します。

2.照海(しょうかい)は、足の内側のくるぶしの下、指一本分くらいのところにあり、腰痛、腎疾患、花粉症、冷え性、不眠症、咽痛、耳疾患に効果があります。親指の腹で押してください。

3.曲泉(きょくせん)は、膝の内側の窪みのところにあり、大腿神経痛、膝関節炎、リウマチ、月経痛、月経不順、不妊症、精力減退に効果があります。親指の腹で押してください。

つぼの位置には、微妙に個人差があります。その近辺を触って、自分のつぼを探してみましょう。

次の記事 >> 腰痛改善の栄養素
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース