スポンサード リンク
腰痛の種類と腰痛すべり症

脊椎すべり症(腰椎すべり症)は、腰痛症のような痛みがある病気ですが、激痛が伴うような痛みはあまりありません。ただし、時々、下肢に痛みやしびれが感じることがあります。

腰椎すべり症は、椎体が直下の椎体に対して、前方にすべっている状態の総称です。椎間板の老化や脊椎が分離することによって起こることが原因として考えられています。

すべり症には、いろいろな種類があります。前屈位で、腰への突っ張り感や、不安定な感じなどを感じることを、「腰椎分離すべり症」といいます。また、長時間たっていることで起こる腰痛や臀部の痛み、下肢のしびれが出ることを、「腰椎変性すべり症」、形成異常による出っ尻のような姿勢になったり、腰痛・下肢痛などが起こることを、「腰椎分離すべり症」、その他「外傷性腰椎すべり症」、「病的脊椎すべり症」などもあります。

ちなみに、腰痛症の種類は、以下の通りです。


1.椎間関節性腰痛症

中年以降に多く見られます。腰椎の関節が炎症を起こすことによる症状で、腰が痛くて、朝起き上がることがなかなか出来ないと言われています、ただし、一度起き上がると、体を動かしているうちに、痛みを感じなくなってきます。


2.根性腰痛症(坐骨神経痛)

腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合が多く、脊髄や、神経根の圧迫によって発症します。お尻や脚への痛みがあります。


3.シュモール結節

椎間板ヘルニアの椎体内(上下方向)へ脱出して起こるものです。神経への圧迫はありません。


4.骨粗鬆症によるもの(脊椎圧迫骨折)

年配の女性に多く見られます。背中や腰部に痛みが現れてきて、脊柱の圧迫骨折が重なると、背中が丸くなったりします。これは、加齢が原因とされています。カルシウムが少なくなり、骨がすかすかになった状態になり、少しの負担がかかっただけでも、骨折してしまう状態のことを言います。

腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース