スポンサード リンク
生理と腰痛

生理と腰痛の関係について、以下に記します。


1.月経開始日の数日前から、「月経前緊張症」という、下腹部膨満、腰痛、吐き気、めまい、全身倦怠、不安等の症状が現れてきます。これは、月経が始まると、自然に無くなります。

月経時に出る痛みには、黄体ホルモンが深く関係しています。黄体ホルモンは、子宮を収縮させるプロンスタグランジンという物質を分泌しています。このプロンスタグランジンの量が多くなると、腰痛や、下腹部の痛みを引き起こすとされています。

精神を安定にして、鍼灸、マッサージ、カイロプラクティックなどを受け、普段から予防ケアを心がけましょう。

不安、恐怖、怒りなどの精神的状態から、よけいに痛みを誘発、増徴させるということがあります。日常的に、ストレスも軽減させるようなケアをするようにしてください。

また、子宮や卵巣の異常等によって、引き起こされるという場合もあります。婦人科系の問題で、腰痛が生じるようであれば、早めに婦人科を受診することをおすすめします。


2.「月経困難症」は、月経時に伴う腰痛、下腹部の不快感、下腹部痛等の症状のことで、治療を必要とするほど、強い痛みなどがある場合をいいます。精神面の症状を伴うこともあります。月経が終了すると、これらの症状は軽減、消失します。

思春期の少女に、特に多くみられる症状で、子宮や骨盤自体には、何も問題がない場合が多いです。加齢と共に、症状は徐々に改善されていきます。

治療をする場合は、手術を伴わない治療である保存的治療がお勧めです。鍼灸やカイロプラクティックなどで受けられます。

また、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮後屈などの病気が原因で、月経が困難になっているという場合もあります。この場合、早めに婦人科の診断を受けることをおすすめします。

以上のように、生理には、さまざまな要素が関連して腰痛を引き起こしています。1つでも思い当たる症状があれば、早めのケアを心がけることが望ましいです。

放置してしまうと、悪化させる可能性もありますので、注意してください。早めに婦人科を受診することで、病気も早期に発見できる可能性が高まります。また、不妊症も予防できるかもしれないので、少しでも不安があれば、きちんと婦人科で受診することをお勧めします。

次の記事 >> ストレスと腰痛
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース