スポンサード リンク
オフィスでもできる腰痛ストレッチ

デスクワークの仕事をしていると、どうしても長時間同じような姿勢で座っているので腰がだんだんと痛くなる方も多いのではないでしょうか。

そんな方に最適なイスに座ったままできる腰痛解消ストレッチを紹介したいとおもいます。

腰痛になる理由としては立位の状態で腰にかかっている負荷を1とすると、座っている時は1.4倍かかっており、中腰の場合には1.5倍の負荷が腰にかかっています。

腰痛とは、人間が2足歩行を行うようになってから上半身の重さを腰で支えなくてはならなくなったために症状として表れるようになったようです。

また日常生活の思わぬところでも腰にかなりのストレスをかけていることがわかっています。

腰痛を解消するにはストレッチで血行改善するとよいでしょう。具体的には腰痛になるトリガーポイント周りのマッサージやストレッチ、整体、針治療、電気治療、入浴などがよいでしょう。

また、有酸素運動をおこない全身の血行を促進することによってその部位の痛みが解消される場合もあります。ただ一番簡単におこなえるのはいつでも道具などを使わないで行えるトリガーポイント周りのストレッチでしょうね。

◆座ったままできる腰痛解消ストレッチ

ストレッチを行う前に注意したいこと4点あります。

1.伸ばしている部位に痛みなどを感じたらそこで止めるようにしてください。呼吸を続けて無理に伸ばそうとしないようにしましょう。
2.ストレッチをしていても筋肉が伸びている感じがしなければ再度フォームを確認しましょう。
3.1つのポーズを30秒ずつ行うようにしてください。
4.時間がある場合には2~3セットまとめて行うとより効果があらわれます。

・ハムストリングスのストレッチ

膝を伸ばしてから両手を腿に沿わせて、そのまま体を倒しましょう。

1.イスに浅く座って片膝を伸ばします。
2.伸ばした側の足に両手を沿わせながらゆっくりと上体を前に倒していきます。
3.腿裏の伸びを感じたら痛みを感じるまえの位置で30秒間止めましょう。

※反対側の足も同じ様にストレッチをおこないます。

・臀部のストレッチ

膝の上に踵をのせて上体を前に倒しましょう。

1.まずイスに浅く座って片膝の上に反対側の踵をのせます。
2.つぎに床についているほうの足の膝裏を両手でつかみます。
3.両手で上体を前に引きつけてみましょう。お尻が伸びているような感じがしたら30秒間止めてください。

※反対側の臀部も同じ様にストレッチします。

・腰部のストレッチ

体を捻って手で足をおさえてから、さらに捻ります。

1.イスに座って両足を腰幅に広げます。上体を右に捻っていきましょう。
2.左手で右腿の外側をつかみ、その状態のままで体をさらに右に捻りましょう。この時に、足が内側に入らないようにしてください。
3.左側の腰周りの伸びを感じてから30秒間止めてください。
※反対側の腰も同じ様にストレッチします。

次の記事 >> 腰痛コルセット
腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース