スポンサード リンク
妊娠中の腰痛2

妊娠中には腰痛がおきてしまうことはある程度、仕方がないともいえます。しかし日常生活を工夫することによって腰への負担を軽減することができます。そのポイントは2つありますのでご紹介したいと思います。

まず、一番目にいえることは正しい姿勢で生活することです。掃除やお料理、アイロンがけ、洗濯などの家事をするときには中腰や床に座った姿勢のままですと腰にかなりの負担がかかってしまいます。たとえば作業台の高さを調節してみたり、椅子に座るようにしなるべく背筋を伸ばした姿勢を保つようにしましょう。

立ったまま作業をするときには、片足を低めの台にのせるという方法をとってもよいでしょう。物を持ち上げるときは立ったまま持ち上げようとしないで腰をきちんと落として一度しゃがんでからゆっくりと持ち上げるようにしましょう。

また、首や背筋を伸ばして前方をまっすぐ見る感じにしておなかをつきださないように歩くようにしましょう。靴はスニーカーやローヒールなどの靴を使用するとバランスをとりやすくなりますので安全ですよ。

二つ目にあげられることは腹筋や背筋を鍛えることです。妊娠前からスポーツを続けていることが理想的なのですが、妊娠してからでもマタニティブクスやマタニティスイミングであれば安心して始めることができます。ウォーキングや腰痛体操を毎日の日課にするのも良いでしょうね。

効果がないからといってやめてしまわず、軽い運動を毎日すこしずつ続ければ筋力は確実にアップすることができます。筋肉を鍛えることは腰痛を和らげることだけではなくてお産をスムースに進めるためにも役にたちます。

また腰が痛むときにはついつい、やわらかい寝具の方がよいと思いがちですが、実は逆なのです。寝具は固めのものを使うようにしましょう。横向きに寝て背中を丸めて上になっている方の足をまっすぐ伸ばすようにして寝ると比較的楽になりますよ。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース