スポンサード リンク
喫煙すると腰痛の恐れがある

喫煙による身体への影響や周りへの影響を考えると、喫煙者にとって耳が痛くなるという話はたくさんありますよね。喫煙者は呼吸器や循環器、脳の疾患などをひきおこすことが知られておりまた腰までも痛める危険性があるということなのです。それはとても怖いことですよね。背骨のクッション椎間板を悪くするのはニコチンです。「タバコを吸うとリラックスできる。」というのはスモーカーの感想ですよね。けれども、自分が気付かないところで身体に変化が起きているかもしれませんよ。タバコの煙の中には、有害な化学物質が200種類以上含まれておりその代表的なものは、ニコチン、タール、一酸化炭素、ホルムアルデヒドなどです。この中で、腰痛の発症と関わりのあるものは『ニコチン』という研究データがあります。

背骨の骨と骨の間には、クッションの役割をする『椎間板』があります。椎間板自体には血管が無いので椎間板周囲の毛細血管から栄養をとり老廃物を流しています。ところが、『ニコチン』は血管を収縮させる作用があるので椎間板周囲の毛細血管までも収縮させてしまうということなのです。その結果として椎間板への栄養補給は不十分なものとなってしまいます。そして椎間板が変性してしまいます。椎間板はバームクーヘンのような線維輪の中央にゼリー状の髄核があります。そしてニコチンによって影響を受けてしまいます。 椎間板の変性後は、とても辛くて不快な腰痛をおこしてしまう可能性があります。

椎間板の形状はバームクーヘン(いくつもの輪が層になっている)の中心に水分をたくさん含んだゼリーを持つような形になっており喫煙から『ニコチン』を摂取することによってこのバームクーヘン(線維輪といいます)が裂けてしまい外側が損傷してしまったとします。そうすると線維輪の外側にある痛みの受容器が刺激を受けるので「腰の痛み」として感じるのです。また、椎間板のクッションの機能も失われてしまいますので要注意が必要です。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース