スポンサード リンク
「温湿布」と「冷湿布」

シップ薬には「温湿布」と「冷湿布」があるとおもいますが、どちらのほうが良いのでしょうか?その使い分けについてのご紹介したいとおみます。湿布は皮膚の温度に変化を出すそうです。症状の強さは個人差がある慢性的な肩こりなのですが、温湿布と冷湿布のどちらが気持ちよく感じるか試してみることにしましょう。 「温湿布」と「冷湿布」は、ともに『心地よさ』で『痛み』を感覚的に和らげる効果があります。

それでは、この使い分けはどうしたら良いのか?というような疑問がわいてくると思います。心地よければどちらでもよいということになってしまうかもしれませんが、「温湿布」と「冷湿布」に使われている成分の違いがありますので、患部の状態により適している湿布を使ったほうがよいでしょう。「温湿布」と「冷湿布」の成分の違いについてですが、「温湿布」には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシンが含まれています。

「冷湿布」には、冷たさを感じるメントールが配合されています。そのため皮膚の『感覚』(心地良さ)に違いを出しています。どちらの湿布も、血行を変化させるほどの筋肉の温度変化はみられないとされているそうです。「温湿布」も「冷湿布」も結果的には、皮膚の温度を下げる効果があり、温湿布のカプサイシンに関しては、皮膚から染み込んだ部分の毛細血管を拡張させて血流を増やします。そのため貼って約90分くらい経つと、皮膚の温度を2度くらい上げることがあるともいわれています。

ぎっくり腰など突然として、腰を痛めた場合には、深部に炎症があり熱をもつことも考えられますよね。そのため皮膚だけとはいえ、温度を上げる可能性のある温湿布は、避けたほうがよいとおもいます。また、ぎっくり腰になって2日から3日くらいは、皮膚よりも深いところにある筋肉や組織の炎症に対して冷却することが必要となります。そのため、湿布の使い方としては、アイシングの後に『痛覚』を抑制するため「冷湿布」をはって痛みの感覚を和らげると良いと思われます。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース