スポンサード リンク
ぎっくり腰とヘルニアの予防

ぎっくり腰とヘルニアの予防についてご紹介したいとおもいます。ぎっくり腰と呼ばれるものは、急激に起きる腰痛の総称のことです。その中でも多いのが腰ついのねんざなのです。腰の周りの筋肉や筋膜の一部が切れてしまい背骨の両脇あたりに痛みが走るといったものです。この症状の主な原因は、重い物を持ち上げたり、体をひねってしまったりした時に起こるものです。そして腰を曲げられなくなります。

もうひとつがヘルニアなのですが、ヘルニアというものは、せきついの骨と骨の間にありクッションの働きをするつい間板の中の髄核が外に飛び出してしまいせきついを支えている部分を刺激してしまうために痛みが走るものです。ヘルニアは体をねじったりして起きたり、中腰の作業や運動を続けていると起こることがあります。実はぎっくり腰やつい間板ヘルニアにかかってしまう人は、重労働の人は意外と少ないそうです。

デスクワーカーや車好きの人に多いというデータがあることがわかっています。いすに座りっぱなしの場合は、体を支える体重が腰にかかってしまいます。そのままにしておくと、血液の循環が悪くなってしまいつい間板に負担が掛かってしまいヘルニアが出てしまいます。そのため神経が圧迫されて痛むことになるのです。 長時間いすに座りっ放しにしているといちばん腰に良くありません。時々いすから立ち上がったりして軽く体を動かすようにししましょう。それから歩く時も意識して背筋を伸ばして歩けば腰の負担が軽くなります。

次の記事 >> 腰痛軽快体操
腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース