スポンサード リンク
腰痛対策とスイミング

腰痛とスイミングについてご紹介したいとおもいます。腰痛の改善を対象としているスイミング教室では次のようなことを指導をしています。まずは、ストレッチング(背部伸筋群、大たい屈筋群、下たい屈筋群など)です。そして水中歩行です。これは腰痛にもかかわらず、水中での運動が苦痛を伴わないことを経験することができます。

いろいろな姿勢で「浮き身」の習得することによって平衡感覚を身に付けることもできます。それらの指導項目を習得することができたらクロールや背泳ぎにチャレンジすることになります。腰痛には背泳ぎが適しています。しかし、胸を張り過ぎて背中を反らせないように注意をしたほうがよいでしょう。クロールと背泳ぎを交互に行うバックロールは体の不必要なひねりも少ないので背浮きが出来ると比較的強度も調節しやすい泳ぎかたです。

また腰痛ばかりでなく変形性ひざ関節症にもスイミングがよいとされています。体重がオーバーしてしまいひざに余分な負担が掛かることになったり、加齢によりひざの関節が老化していたり、ひざを支える大たい四頭筋が弱くなっていることからひざ関節症となる場合があります。この大たい四頭筋を鍛えるには、浮力を受ける水中運動が適切とされています。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース