スポンサード リンク
歪みの悪循環について

歪みの悪循環についてご紹介します。歪みの悪循環とは骨盤がずれることからはじまります。その骨盤のずれを支えようとして体が歪みます。そうするとさらに骨盤がずれていきます。そして、また体が歪んでしまい歪みの悪循環が生まれてしまいます。体の歪みは、腰痛を引き起こす原因となります。そして猫背の他にも、O脚や外反母趾などの原因にもなってしまいます。

身体が歪んでしまうと当然ですが、内臓の位置もズレてしまいますので消火器系の病気も引き起こしたりすることもあります。身体の歪みは根本的な原因を元から正すことが大切になりますので正しい姿勢に取り組むようにしましょう。背骨には、本来あるべき形態(生理湾曲)があります。そして首・胸・腰の3つの湾曲が体へかかる圧力をうまく分散させるといた役目を果しています。

この生理湾曲が狂ってしまうと背骨にたいして大きな負荷をかけてしまうことになります。背骨はS字カーブを描いていることをご存知でしょうか。このS字カーブの事を「生理湾曲」と言います。腰椎は通常では、体の前面に向かって半径約24~27cm湾曲しています。例えば、腰椎の前湾が減少してしまうと椎間板の前方部分が潰されてしまいますので椎間板全体が後方へ押し出される形となります。

この結果として、押し出された椎間板が神経根を圧迫してしまい激痛やシビレなどの症状が発生してしまいます。姿勢の悪さからくる生理湾曲の狂いについては、腰への負担がとても大きいとされています。そのため椎間板ヘルニアを引き起こす原因となってしまいます。そればかりでなく身体の他の部位にも悪影響を及ぼしてしまいます。辛い腰痛を引き起こさないためには普段から正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース