スポンサード リンク
腰痛の予防のコツ

近年、腰痛で悩んでる方が、急増しているようです。ここで、腰痛を予防するコツについて、ご紹介したいと思います。

腰痛の主な原因としては、運動不足、肥満、過度の運動、疲労、ストレス、ハイヒール、長時間の同じ姿勢、猫背などの悪い姿勢等があげられます。

腰痛の予防についてですが、最近では、生活の中で、歩くこと自体が少なくなってきている人も増えているようです。ウォーキング等、日々、よく歩くように意識すること、そして、この時、腰から前に出るような感じで歩くようにすることで、ダイエットの効果も期待できます。脚や腰に限らず、筋肉を意識して使うようにすると、体が引き締まってきます。

ウォーキングは、まとまった時間を取るのが難しいという方は、日々の生活の中で、出来るだけ歩いたり、階段を使ったりして、運動不足を少しでも解消するように努め、腰痛を予防するよう心がけましょう。

腰の筋肉は、普段使わないでいると、弱くなってきて、腰痛になりやすくなってしまいます。掃除などで、腰を使ってしゃがんだりするなど、ちょっとしたことで、腰を少しずつ使うように心がけることでも、腰を鍛えるのもいい運動になります。

若い世代でも、腰のトラブルが増えてきています。腰を鍛えないなど、運動不足がこのような状況を招いていると考えられます。

腰痛には、半身浴が効果的です。出来るだけ毎日、半身浴をするとよいですが、毎日となると、なかなか難しいかもしれません。ですから、週に2~3回でも、時間がある時、半身浴をするように心がけるだけでも、効果が得られますので、是非やってみてください。

半身浴の方法は、40℃前後のぬるま湯に入ります。そして、そのまま、10~15分程度、ゆっくりとお湯につかり、汗をかきます。汗が出たら、サッと全身湯につかり、あがります。これで、体の芯から温まり、血行が良くなり、腰痛の痛みを和らげる効果があります。

腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース