スポンサード リンク
腰痛のぎっくり腰と分離症

腰痛には、腰をそらせることがタブーであるタイプの腰痛があります。

腰を不用意に反らしてしまったり、ゴルフやテニスなどで、腰をひねってしまったなどの行動がきっかけになって、腰痛を引き起こしてしまうことがよくあります。

症例別に説明すると、特に高齢の方に多いのが、変形性腰椎症、そして、激しいスポーツなどをする方に多いのが、腰椎分離症・すべり症などが、主な症例です。


主な症例の説明をします。

腰椎分離症とは、常時、激しいスポーツをしている方、特に、若年者や、スポーツ選手に多い症例です。疲労がきっかけで、腰椎の椎骨の一部にヒビが入り、そのまま時間が経ってしまうと、前後に分かれ、脊椎が不安定になってしまい、痛みが出てくるというものです。

自覚症状は、腰椎がなんとなく動きにくい、腰が疲れる、鈍い痛みがあるなどです。さらに、分離症の上に、腰椎が前に滑り出ているものを、腰椎分離すべり症といいます。この症例の場合、スポーツの制限、腰に負担が来る行動の抑制、安静が必要となります。また、悪化してしまった場合は、手術をすることもあります。

ぎっくり腰(=急性腰痛症)は、中腰で物を持ち上げようとしたときや、腰を急にひねったときなど、日常生活において、突発的に起こる腰痛のことを言います。

筋肉繊維の断裂や、腰骨間接の人体の捻挫など、大抵は、重くは無く、しばらく安静にしておくと、痛みが自然に取れてくるものです。しかし、これは、本当の腰痛の原因が分かるまでの仮の名称であると言えます。椎間板ヘルニアや、圧迫骨折ということもあるので、出来るだけ早く医師の診断を受けることをお勧めします。

腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース