スポンサード リンク
妊娠と腰痛

女性が、妊娠してお腹が大きくなってきたとき、体のバランスを取るために、体をやや反らした状態で、歩くようになります。この姿勢で、歩いたり立ったりしていると、腰に負担がかかります。そして、これが、腰痛の原因となることがあります。

また、胎盤から分泌されているホルモンの働きで、骨盤が緩んでくるため、お腹を支える力も弱まってきて、内蔵も下がり、腰の筋肉などに、さらに負担がかかってくることがあります。

また、それだけでなく、お腹に赤ちゃんもいるので、その重さのせいもあり、妊婦さんの約半数の方が、腰痛に悩まされれているというデータも報告されています。

しかし、それほど心配することはありません。妊娠時の一時的な腰痛ですから、出産後、時間が経てば、自然に元に戻ります。

上記の説明通り、妊娠中の腰痛は、仕方ないことです。ただし、少しでも軽減させるための、解消法は考えられます。

まずは、正しい姿勢で生活をすることを心がけてみましょう。背筋をしっかり伸ばして、立ったり歩いたり、家事をしたりしてみてください。

立った状態でいるときは、片足を何かに乗せるとか、腰を落として何か物を持ち上げるようにするなどしてください。お腹を突き出すようにして歩くと、腰が反れるので、より腰に負担がかかることになります。

ですので、お腹を突き出さないよう、前方をまっすぐ見て、歩くように心がけましょう。また、ヒールの高い靴は履かず、ローヒールなど、負担がかからないものを選びましょう。

よく言われていることですが、妊娠中のスイミングなどは、腹筋、背筋を鍛えることが出来るため、腰痛に限らず、出産準備にもよいとされています。少しずつ、毎日続けることが、筋力アップにつながります。

腰痛は、避けて通れないものです。ですから、解消法を利用して、腰痛と上手に付き合っていくようにしましょう。

次の記事 >> 産後の腰痛
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース