スポンサード リンク
腰痛の病院の選び方

「頭痛・肩こり・背部痛・腰痛」等は、よくある症状と我慢してしまいがちですが、生命にかかわる症状が原因の場合もあります。ですから、早めに専門の機関で問診や検査を受けることをおすすめします。

カイロプラクティックだけでなく、他の医療機関等を訪れる場合も同様ですが、マニュアル通りの治療法だけではなく、患者一人一人に適した治療法をすすめてくれるかどうか、また、医師や施術者の知識、経験、技量が、ちゃんとあるかどうかを判断して、よりよいクリニック選びをすることをお勧めします。

カイロプラクティック団体JAC(日本カイロプラクターズ協会)では、安心なクリニックの見つけ方・探し方を、次のように紹介しています。

○まずは、電話で確認してみましょう。「なんでも治せますからとにかく来てください」という先生は、ちょっと危険です。電話で、最初に、カイロプラクティックの学位(DC, MChiro, BCSc, BAppSc(chiro)など)を持ってますか?などの資格についてや、卒業した学校を聞いてみましょう。きちんとしているところなら、すぐに答えてくれるはずです。

○治療院に入ったら、目立つところに、卒業学位があるかどうか確認してください。この場合、認定証や終了書では意味がないのでご注意ください。

○治療費は明確になっているでしょうか?

○初診時に、いろいろ細かく問診してくれますか?ちょっとみて、施術を始めるようでは、危険です。

○治療後は、原因や、改善方法など、的確なアドバイスをしてくれますか?好転反応による症状について、きちんと説明してくれますか?

上記のような対応を、きちんとしてくれる治療院は、信用できると思います。そういうところで診察してもらうのも良いかもしれません。自分の目でしっかり見て判断して、よい治療院を探してみることをお勧めします。

腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース