スポンサード リンク
腰痛の原因

現代人のうち、約80%もの人に、何らかの腰痛の症状があるということが明らかになっています。

それだけ多くの方が悩んでいる腰痛の原因とは、いったいどんなものなのでしょうか?

肩凝りや、腰痛の原因には、大きく分けて、外的要因と内的要因の、二つの要因が考えられます。パソコンワークやデスクワークなど、長時間同じ姿勢でいたり、姿勢が猫背だったり、靴が合わずに、無理して履いたりと、姿勢からくるものを、外的要因といいます。また、年齢を重ねると共に、筋力が衰えてきて、姿勢が保てなくなったりして起こる筋肉量不足のことを、内的要因と言います。

これらの症状は、更年期障害にも、深い関わりがあると言われています。年齢を重ねることで起こる、エストロゲンの減少(卵胞ホルモンの減少)、筋力低下によって、関節痛が起こりはじめ、肩凝りや腰痛の原因になるとも言われています。

慢性化してしまうと、完治は非常に難しいとされています。ですから、慢性化させないよう、普段から、生活習慣を見直したり、原因が思い当たる場合は、それを回避したりすることで、改善するよう、心がけながら生活していくことが大切です。

以下に、腰痛の原因となる病状をご紹介します。


○背骨に起こる症状が原因で、腰痛になっているもの

椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
骨粗鬆症          
など


○内臓に起こる病状が原因で腰痛になっているもの

腎臓結石
尿管結石
大動脈瘤
婦人科の病気
悪性腫瘍         
など


もし、当てはまる症状があるようであれば、一度、専門の医者などに診せて、診断を受け、改善するよう努めましょう。 今現在は該当しない場合でも、将来的に、腰痛が慢性化しないよう、改善に努めることが大切です。

次の記事 >> 腰痛の対策
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース