スポンサード リンク
腰痛の改善法

背骨の歪み、腰の歪みは、全身のさまざまな症状に影響すると考えられています。従って、背骨の湾曲を正しく保つことが、バランスが取れて良い影響を与えるということです。


1.骨のバランスを整えて立つようにする

ここで重要なのは、背骨のS字カーブを正しく保つということです。骨格が歪むと、バランスが悪くなり、体を支えることが出来ず、筋肉や靭帯、椎間板に負担がかかるようになってきます。ただ立っているだけでも、負荷はかかっているので、長年に渡って負荷を積み重ねていくうちに、身体にいろいろな障害が起こってくるようになります。

背骨や、腰の歪みからくる障害は、腰だけに出てくるものではなく、足、腕、頭など、全身に影響を及ぼす可能性があります。従って、腰が痛いから腰を治せばOKというわけではありません。全身のバランスを考えて、根本的な解決をするということが重要です。


2.体の骨格と筋肉の関係

腰痛を改善しようと、腹筋や背骨を鍛えるよう指導されて、筋トレを一生懸命した挙句、やり方が悪かったため、逆に、腰痛を悪化させてしまったという方は、多いのではないかと思います。

骨格は、張って引っ張る筋肉と、縮んで固まる筋肉の、2種類で支えられているものです。骨格が歪むと、バランスを取ろうとして、筋肉が緊張してしまい、固定されてしまいます。そして、その状態のまま筋トレを行うと、正しい姿勢に戻るどころか、悪い姿勢のまま、筋肉を固めてしまうことになり、ますます、腰痛が悪化してしまう結果になりかねません。

自己流で行って、他を傷めてしまうよりは、きちんとした指導の下、正しい筋トレを行うことをおすすめします。


3.改善方法

まずは、腹筋・背筋を鍛えるために、「良い姿勢」を保つように心がけましょう。カイロでは、骨格が正しい位置になるよう、身体にきっかけを与えているに過ぎません。立ち方や座り方など、日常生活を送ることで改善していくよう、指導されます。ある程度、改善が見られるようになるまでは、筋トレは行わないように注意してください。

また、自分で行う運動療法では、「ウォーキング」がお勧めです。外を歩くことで、精神面にも良い影響を与えるし、筋肉も鍛えられます。また、心肺もUPし、血液循環も良くなります。
無理はせず、簡単に出来る療法として、ウォーキングは最適です。

正しい「立ち方」、「座り方」、「歩き方」などを、きちんと指導を受けて、腰痛を改善していくように心がけましょう。

次の記事 >> 腰痛の治療法
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース