スポンサード リンク
腰痛体操

腰骨の予防には腰痛体操というものがあります。腰痛体操にはさまざまな種類がありますので腰痛で悩みを持つ方は自分にあった方法で腰痛対策をしてみてはいかがでしょうか。

◆腰痛ベルトを使用した体操

腰痛ベルトは仙腸関節の上に親指が入る程度の場所にきちんと巻きます。ウエストに巻きつけても効果が有りません。

・体操のやりかた

1.足を肩幅くらいに広げて立ちます。
2.フラフープをおこなう要領でゆっくりと回旋させます。
3.左回しと右回しを50回ずつおこないます。初めておこなう場合は30回程度を目安にします。

・ポイント

なるべく膝は曲げないで足を浮かさずにおこないます。またなるべくゆっくりと、腰は水平を保ちながわまわります。疲れない程度に行い長く続けてみることが大事です。

腰痛は、様々な原因でおこります。自分で判断せずに医師や専門家のアドバイスをもらったほうが良いでしょう。

・腰痛体操を行う上での注意

無理に伸ばしたり、反動をつけたりしないで行います。体操を行っていて痛みが増す場合にはすぐにやめましょう。また腰の痛みが激しい時には行わないほうが良いです。

◆ヘソのぞき運動

ヘソのぞき運動は腹筋を鍛えます。腹筋を鍛えることにより腰痛予防にも繋がります。

1.仰向けに寝て両膝を軽く立てます。その時に手はお腹の上にのせておきます。

2.息を吐きながらおヘソを見るようにゆっくりと上半身を起していきます。起こすのは床から20センチ程度です。

3.そのままの状態で5秒間保ちます。最初は2秒くらいからのほうが良いでしょう。この時に腹筋を意識しながら行いましょう。

4.ゆっくりと体を元の状態に戻します。

 

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース