スポンサード リンク
腰椎椎間板ヘルニア

背骨の構成は椎骨が積み重なってなされており、その各間にクッション性のある椎間板と呼ばれるものがあります。腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中央に存在する髄核が、その周りの線維輪の裂け目から飛び出してしまって神経を刺激するため腰やお尻、下肢などへ痛みやシビレを感じてしまいます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、下肢へのシビレや痛み、そして下肢を触ると触られた感覚が鈍く感じたりする、足に力が入らなくなるというようなことがあげられます。

姿勢の悪さが長いあいだ続いて腰部の骨に負荷がかかったような場合に椎間板に問題をおこすことが多いようです。おじぎをするといった動作ができなくなります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法は、なるべく痛みが緩らぐ体勢で体を休めるようにしましょう。仰向けになて膝下にクッションなどを重ねてみると痛みが緩らぐ場合もありますよ。

症状が強い場合には、腰に負担をかからないように横になるようにしましょう。仰向けに寝て、膝の下に座布団を重ねるようにして足の高さを変えることによって症状が楽になることもありますよ。

椎間板の炎症が強いときなどは無理をせずに乗り越えるということがポイントです。どうしても動かなくてはいけない場合にだけ腰椎骨盤用のベルトやサラシをまいて腰を安定させるようにしましょう。

病院では、痛み止めが処方されたり腰への負荷を減らすために牽引などが行われます。足に力が入らなかったり、強い痛みがあるような場合には、手術を勧められることもあります。手術をする場合には主治医とよく話し合うことが大切ですよ。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース