スポンサード リンク
腰部脊柱管狭窄症

少し歩くだけでも下肢に違和感や痛みが出てきてしまい少し休むと楽になって再び歩き出せるがまた休むというような場合には脊柱管狭窄症の疑いがあります。 背骨を構成する24個の椎骨というものは管のように中空になっている部分があります。その空になっている部分に脊髄神経が通っています。この管は脊柱管と呼ばれるものですが脊柱管が狭くなってしまうと神経を圧迫してしまい腰痛や坐骨神経痛の症状をおこしてしまいます。歩くことによって下肢に痛みが出てしまい歩けなくなり、少し休むと歩けるようになるという特徴を持っています。

腰部脊柱管狭窄症の治療法ですが、タクシーやトラックなどの運転を仕事にされている方が腰痛発症率は高いようです。毎日の仕事によって腰痛の原因となることもあります。 神経の狭窄状態によっては、排尿障害というように日常生活に支障がでることがあります。この場合以外の症状ですと手術よりも保存的な療法がとられます。

療法は狭窄による神経の圧迫と血流の回復を目的としており病院では薬物療法やビタミン剤、患部を温めて血行を回復する、神経を麻痺させて痛みを取り除く神経ブロックなどがあげられます。狭窄自体は自然と治るものではないためこれ以上悪化をさせないことが大切です。腰痛の症状に言えることは、腰に負担をかけることを日頃からなるべく避けるようにすることが一番です。栄養や運動、習慣も含めて日常をどのうように過ごすかによって腰部の老化の進行も変わっていきますよ。最近では研究の進んだ代替医療の有効性も証明されており腰痛を起こさないための予防や腰痛をおこした時には最良のアドバイスをしてくれる先生をみつけておくと安心できますよね。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース