スポンサード リンク
ぎっくり背中は危険

「背中」にあたる部分は、肩こりや腰痛などの影響を受けやすくて気がつくと筋肉がカチコチに硬くなってしまい張っていることがありますよね。1本の背骨を首の部分(頚椎)、背中の部分(胸椎)、腰の部分(腰椎)に分けてみましょう。背中の部分の構造は首や腰にくらべて異なるものになりますよね。背中の部分は内臓が収まるように後方への生理的なカーブがあります。首や腰のカーブは前方へのカーブといえます。また肋骨があることによって安定性もあります。

しかし、その一方で背中にあるたくさんの筋肉や関節の機能をみてみると肩こりや腰痛に伴う筋肉のアンバランスな部分や姿勢の変化による影響を受けやすいといった面もあります。肋骨と背骨との連結している部分にも負担がかかることもありますのでそうなってくるとただ呼吸をするだけで痛みが走ることがあります。筋肉が過度に緊張してしまうことや筋繊維の微細な断裂の可能性が懸念されてしまうのです。

たとえば、どのような時に背中がギクっと痛くなってしまうのでしょうか?ぎっくり背中の状態になってしまうとちょっとした動作や咳やくしゃみなどの衝撃で痛みがはしることがあります。その痛みは胸部に響くこともあるのです。ぎっくり背中というネーミングからみてみるとぎっくり腰のように、ふとした拍子に突然として襲う痛みであることがわかりますよね。肩こりや腰痛で頚部・腰部を支えている筋肉のアンバランスや機能が低下していること、そして疲労の蓄積などに起因するような場合があります。そのような身体の不調を自覚していたとしても、また普段はこりは感じないというように自覚が無い人であっても背中に激痛が走ることもあるのです。

腰痛新着情報&ニュース 一覧
腰痛でお悩みの方へ
ヘルニア、坐骨神経痛、ギックリ腰、すべり症などに効果があり、10代からご高齢の方、スポーツ選手にも使用されています。
腰痛治療ガイド 新着情報

腰痛症についてご紹介します。腰痛症は、腰部の筋や筋膜、脊柱、骨、神経、下腹部内臓などに病変があってその自覚症状は腰部に痛みが生じる場合に、その総称を腰痛症と呼んでいます。脊椎カリエスや骨折、椎間板ヘルニアなど、原因がはっきりしている症状の場合は除いて原因がはっきりしない腰部の痛みのことを、腰痛症と言います。腰痛症の症状としては、動かしていないときは、痛みを感じにくいようです。

しかし、重かったり、だるい、腰が張ってるなどの症状を感じます。そして、腰を動かすなど、屈伸運動をすると、痛むことがあります。また、下肢部分のしびれが出ることもあるようです。これは、座骨神経症などが、腰痛と合併した場合、特に見られる症状です。腰痛が起きた場合は、医師にきちんと診断してもらい、原因を明らかにした上で、きちんと治療しましょう。

治療方法としては、まず痛みが治まるまでは安静にすることです。そして、温湿布、電気療法、マッサージ、治療体操、軟コルセット着装などの治療法があります。近年では、腰痛や肩凝りに悩んでる人はかなり多いようです。皆、どうやって解消していこうかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。パソコンやデスクワークなど、ずっと同じ姿勢でいることによって、筋肉が硬直してしまう場合があります。また、重い荷物などを正しい姿勢ではなく、無理な姿勢で持ったりすることで起こる負担が表面化してしまい腰痛や肩凝りを引き起こすこともあります。

腰痛関連ニュース